クリエイター育成コンサルティングについて

>>2019.10.27更新

こんにちわ。島田(@shimataka369)です。
こちらはクリエイター育成コンサルティングについての概要説明になります。
以下のことをここでは書いています

  • このコンサルを受講することで何を得られるか
  • 僕がクリエイター育成コンサルを始めようと思った経緯
  • 対象となる方
  • 自己紹介
  • コンサルの内容
  • 料金と期間
  • お申し込み方法

ではでは順を追って書いて行きます。

このコンサルを受講することで何を得られるか

プロのクリエイターになれます。就職するなり独立するなりはご自由にしていただけますが、収入面と拡張性と自由度を考えたときに独立をお勧めいたします。
具体的には技術を身につけて、それで収入を得るまでをコンサルさせていただきます。コンサル費用としてお支払いただいたお金をご自分の収入で回収できるまで、永久サポートいたします。

僕がクリエイター育成コンサルを始めようと思った経緯

クリエイターをしてきた僕が言うのも手前味噌なんですが、クリエイターになるとビジネス面ではあらゆる機会と人脈に恵まれます。収入の面・メンタル面でも幸せになるからです。
なので、独立を考えている人からの相談には常に「クリエイターになれば?」とお答えしてきました。下記の記事に詳しく書いていますのでぜひ読んで見てください。

参照記事:消費者ではなく生産者になればハイブリッドな幸せ者になれる

数年前とは違い、今やデザインにしても映像にしてもクリエイティブのスキルは専門職の専売特許ではありません。
実はコツを掴めばできるようになるものなのです。大切なのはその人独自の感性です。
ですが、そのコツを教えてくれる場所もないし、人もそうなかなかいません。
学校やスクールもあるにはありますが、基礎的なスキルを教えてくれるだけで収入には直結しませんしスキルも現場で結局実戦仕様に磨き直すことになります。
そのため、専門教育を受けていない素人が、クリエイターとして独立するのには実際高いハードルがあります。
クリエイティブをしてこなかった人だと余計に理解しにくいかもしれませんがあなたの感性は収入になるのです。つまり人の役に立ちます。

僕のコンサルでは即戦力となるスキルの身につけ方と収入源の作り方をセットで教えます
学校の教科書とは違い、実戦で自分のスキルを使い僕が生き抜いてきたからコツを教えられるのです。

クリエイティブのスキルは一度身につけてしまえば、自分で事業を行うにも、人の事業に協力するにも活用できる資産になります。
また、自分のつくったものが目に見えて人の役に立っていくことの嬉しさは、収入のみならず精神的な豊かさを与えてくれるものです。
クリエイティブのように収入面・精神面共に豊かになれる仕事はそうなかなかありません。
一人でも多くの人がクリエイターになってくれたらみんなでもっと面白いことができるのではないか。
そんな期待もあり、優秀なクリエイターを育成したいと考えています。

対象となる方

対象となるのは下記の条件を満たしている方です。

  • 19歳〜32歳の男性or女性
  • 独立したい方
  • どんなクリエイターになりたいかの明確な意思をお持ちの方
  • 学ぶだけではなく行動できる方(重要)
  • 自発的に質問や行動ができる方(超重要)
  • 独自の感性をお持ちの方

こんなとこです。年齢に関してはあまりいき過ぎていると僕が変に気を使ってしまい教えにくいので制限を設けています。
要するにやる気と感性と自発性のある人なら基本的にはどなたでも大丈夫ですよ。て感じです。
自発性のない方は僕のコンサルに限らず、おそらく他の独立系コンサルを受けても結果は出ませんのでコンサルはお受けできません。

自己紹介

僕については下記のページに基本的なことはまとめてあるのでお読みください。

自己紹介:プロフィール
実績:Works

上記のページに書いていないこととしては、収入のことですね。

  • 最高月商は300万円ちょいくらい
  • 最低月商はマイナス20万円くらい
  • 平均月商60〜120くらい(波がある)
  • 平均仕事時間は2時間/日
  • 年商800〜1200万くらい

月区切りでそこまで数字を数えてないんですがだいたいこんくらいです(2019年1月時点)。
年商と書いてますがクリエイティブの仕事なのでほぼ粗利です。どちらにしても数字見てもらえばわかるかと思いますがめちゃんこ稼いでいる訳ではないです。
でも説得力ありますでしょ。実際こんなもんです。もうちょい頑張んないとですねw
僕性格的にめちゃくちゃお金が欲しい人ではないので、必要な時にやりたい仕事だけをお受けしてあとは寝たりお酒を飲んだりしています(ビバ怠け者)。
1週間何もしないこともあるし、数日間寝ずに作業してることもあります。要するにその時々のノリでやりたいことをして生きています。
こんな僕でも7年近くやってきて大丈夫なんですから、きっとまともな人が僕のコンサルを受けたら2年後とかには月収150万くらいはいくんじゃないですかね。
そうは言っても収入も大切ですが、メンタル面での幸せの方が百億倍大切です。人は無理せず豊かに生きてなんぼのもんですからね。

コンサルの内容とご注意

コンサルの実際の大まかな流れとご注意事項になります。

クリエイター育成コンサルの流れ

▶︎STEP01:【無料】ヒアリング/取得スキル決め

ヒアリングは無料です。はじめにざっくばらんにお話ししましょう。どんなクリエイターになりたいのか、なんのためにどんな技術が必要なのかをこの段階で定めます。
ここで「自分が何をやりたいのかはよくわからない、、」なんてことのないようにご自分の意思をしっかりと持ってぜひコンサルをお申込みいただけると幸いです。

このヒアリングでは、どの分野でやっていきたいのかも合わせてお聞きいたします。
グラフィック、イラスト、映像、web、写真など色々とあります。
ですが、コンサルのサポート期間内に全てのスキルを教えすることは不可能です。
なので、ご自分が会得されたい(それで稼ぎたい)ジャンルを一つ選んでいただく必要があります。

また、クリエイターとしての適正もご確認させていただきます。
これは決して偉そうにジャッジを下すような意味ではなく、お互いに無意味な時間を費やすことのないようにさせていただきたいという思いからです。
クリエイターは誰でもなれるものではありません。独自の感性やお考えをお持ちの方でなければ必ず学習途中で挫折します。
それは依頼される方にとってもとても悲しいことですよね。
(ですが、「向いてないね」などと言って突っぱねるようなことは決していたしませんのでご安心ください。しっかりとお話を聞かせていただきます。)

ヒアリングの上で、双方の合意が得られましたらコンサルのご依頼をいただいた上でSTEP02へ進みます。

▶︎STEP02:準備

クリエイティブを始めるにあたり必要な最低限の設備や機材を揃えましょう。
お持ちのPCスペックが低いようであればPCの買い替えが必要になります。

  • macの場合:30〜45万円程度(macであれば24回払いができます)
  • winの場合:30万円程度

PCをご購入の上でそこにAdobeCCをインストールいただきます。AdobeCCは月額5,680円が必要となります。(映像のみの場合にはダヴィンチリゾルブを使用しますので、買い切り36,520円が必要となります)
またもし映像や写真をされたい場合にはその時に最もコスパが良くプロの現場で使用できるカメラをご購入いただきます。※2
※2 映像の場合には使用るするカメラ以外の機材まで購入するととんでもない額になってしまうのでコンサル期間中は僕のものを使用して映像を学んでいただきます。

▶︎STEP03-1:デザイン基礎レベル習得のための案件作業

いきなりですが仕事をしていただきます。なぜかと言うと「技術習得→仕事」と言う流れだとロスが生まれるからです。
デザインの技術を習得しきることは不可能だからです。僕ですら未だにまだまだ成長途中にあります。
仕事を実際にやりながらその仕事の中で必要になる技術を都度身につけていく。これが最も効率的かつ一石二鳥(実績にも多少の収入にもなるので)なのです。
僕も独立直後は実際に上記のようにできないことを仕事で受けてできるようにしてきました。

▶︎STEP03-2:島田に提出⇆修正⇆納品

STEP03-1と03-2を何度も往復していただきます。ここがこのコンサルの重要な部分です。素人がいきなりデザインの仕事をすることはほぼ不可能ですが僕が付いていますのでご安心ください。
一度自力でデザインなり映像なりを組み上げていただきます。それに対して僕がアートディレクション(修正出し)を行います。これを何度も繰り返すことで、教科書や学校では習得することのできない現場で通用するプロの眼が養われます。
良く勘違いされている方が多いんですが、デザインスキルはAdobeのデザインソフトを扱えることではありません。デザインソフトを使用して優れたデザインを作れることがデザインスキルです。
包丁で野菜が切れるからと言って料理人ではないですよね??それと同じことがデザインにも言えます。
なので、このSTEPではともかく大量に案件をこなすことでデザインの技術を身につけていただき、なおかつ実績を蓄積していただきます。

▶︎STEP04:ポートフォリを作成

STEP03で作ったデザイン(もしくは映像なり)をポートフォリオにまとめしょう。このポートフォリオが今後案件を取得していく上で最も重要な資産にものになります。
クライアントはあなたの人柄にまず惹かれ、その上で取引先として信頼できるかどうかを見定める際に、過去の実績や作られたデザインを見て「この人に依頼しよう」と決断するからです。
このポートフォリオには、STEP05-2以降の実績も常に蓄積し続けていただくものになります。実績が多くなればなるほどクライアントも経験値も増えますので案件単価も自然と上がります。
このポートフォリオがあなたの収入と自信を支える資産となります。ポートフォリオの媒体は紙ではなくwebになります。選択肢は下記のいずれかです。

WordPress
自己資産度:★★★
構築簡単度:★☆☆
流入頻度:☆☆☆(外部流入)
ーーーーーーーーーーーーーーーー
サーバーとドメインをオリジナルで取得(年間1万円弱かかります)できバックアップも取れるので自己資産としては最も安心できる形です。
またWPは超有名なCMS(Content Management System)なので、少しカスタマイズしたいなって際にもネット上にたくさんのマニュアルがあります。
WPを構築するある程度の技術が必要となる・SEOのアルゴリズムが頻繁に変わる(2019.5時点ではyoutubeやSNSがSEO的にも優位な印象)のためBtoCに対しては外部流入に頼らざるを得ないと言う欠点も持っています。
僕の経験上はBtoBの場合は検索してたどり着くことよりも、人伝てでURL直踏みで来られたりするケースも多くあるので流入の取りづらさはあまり問題になっていません。

note
自己資産度:★★☆
構築簡単度:★★★
流入頻度:★★☆(2019.5.4現在)
ーーーーーーーーーーーーーーーー
バックアップを取れない・構築サーバーが株ピースオブケイク(note運営会社)のSNSサービス上のものなりますので自己資産としては少し不安定な側面もあります。
この部分だけを除けば最も賢い選択かもしれません。SNSなので構築難易度はUIに慣れてしまえばほぼなくデザイン性も優れています。
また、noteは2018年の大幅出資以降にアップデートが頻繁に行われており、2019年現在すでにクリエイターのポートフォリオサイトとしての機能を十分に持っています。
また、BtoB向けのみならずBtoC向けに有料コンテンツを販売することもできるプラットフォームがあるので今後SNSとしての規模が拡大すれば多くの流入を確保できnote自体が収入源の一つとなり得ます。
さらにnoteの優れている点はアカウントを持っていないユーザーもページを閲覧・コンテンツ購入などをできる点にあります。この利点によりHPのように活用することができます。

ご注意:この後の二つのサイト構築サービスは有名ではありますが、あまり選択肢としておすすめできません。
なぜならWPサイトに比べて自己資産度に見合った利便性・拡張性を感じないためです。ですが、WPは難しそうだからあれだけど自分のサイトは持ちたい!て方にはオススメです◎

tumblr
自己資産度:★★☆
構築簡単度:★★☆
流入頻度:★☆☆(WPとほぼ同等)
ーーーーーーーーーーーーーーーー
実際多くのクリエイターがポートフォリオとして使用しています。ですが正直なところ「少し全時代的かな、、?」て印象があります(何が具体的にどうってわけではありませんが)。
一昔前はあまりにも多くのクリエイターがポートフォリサイトとして活用した結果、内部競争?が激化し「クリエイター殺し」なんていう異名もありましたw
とは言っても、デザインやUIはさすが一時代を風靡したtumblrと言わんばかりにミニマルで非常に優れています。オシャレにまとめたいのであればtumblrと言う選択肢もありでしょう。

WiX
自己資産度:★★☆
構築簡単度:★★☆
流入頻度:★☆☆(WPとほぼ同等)
ーーーーーーーーーーーーーーーー
WiXはWPなどのサイト構築ノウハウがなくても誰でも気軽にサイトが制作できるサービスです。
無料版ではクレジットが表示されてしまいますが、有料版だとWiXで作られたことが全くわからない見た目はWPのサイトと同じものになります。
カメラマンやイラストレーター、また自営のカフェなどが多く使っている印象です。
素人でも簡単便利にサイトが作れる。と言う側面がある一方で、後々webの知識が付いてきた際にかゆいところに手が届かないなんてこともあると思います。

▶︎STEP05:案件本格取得開始
相場に近い価格にて案件取得を開始していただきます。
呑み込みの早い人であればSTEP03の段階で新規案件の取得方法(開拓営業)の感覚は身についているかと思います。
STEP06ではここまでしてきた実績とその人の行いたい方向性に合わせて案件の取得・進行の方法を教えます。

▶︎STEP05-2(最終ステップ):独立(役所に屋号の届出)

あとはここまでやり抜いてきた自分を信じてそのまま自走してください。
指定のコンサル期間が終了後もお支払いただいたコンサル費用の元が取れるまで相談はいつでもお受けします。
なので正直、このコンサルは実質無料みたいなものだと思います。

  • 若干前後することもありますがだいたいこんな感じの流れです。
  • コンサル期間中は相談は何度していただいても大丈夫です。
  • 技術サポートは基本的に行いません。稼ぎ方に関しては僕が対応しますが、技術的な部分は自走していただくようお願いします。※1
    ※1-1 デザインのレイアウトなどの手法に関しては実際に制作いただいたものに「アカ=修正指示」を僕が入れることで覚えていただきます。
    ※1-2 デザインソフト(ai,ps,prなど)の操作に関しては僕が教えるよりもすでに多くのマニュアルがネット常に点在しています。なのでググっていただいた方が断然早いです。その上で具体的にわからないことがある場合にのみ技術サポートをいたします。

その人それぞれで困っていること・やりたいこと・得意不得意が違いますので、コンサルは全てマンツーマンです。
概ねLINEと電話でのコンサルになります。時々対面も行います。

料金と期間

▶︎ クリエイター育成コンサル

コンサル料金:40万円(税込)
期間:3ヶ月(+準備期間1ヶ月)

※コンサル料金は基本的に前払いでお願いします(相談可)
※お持ちのPC環境によっては初期の機材投資がコンサル料とは別に30〜45万円ほど必要になります。


以上になります。
コンサルのお申し込みは、

題名:クリエイター育成コンサル希望

本文

  • お名前
  • 年齢
  • 住んでいる都道府県
  • お持ちのPCスペック(わからなければPC名)
  • 初回のヒアリングをできる日時(電話します)
  • なぜクリエイターになりたいのか
  • どんなクリエイターになりたいのか
  • いつまでにいくらの月収を目指したいのか

をご記入の上
お問い合わせアドレス:info◎delyze.com(◎を@に変更)
にご連絡ください。(僕のLINEを知っている方はLINE・またはSNSからもでも受け付けます)

ではでは、よろしくお願いいたします。

PAGE TOP